食べるな危険!猫への危険な食べ物とは?昔の寿命はこれのせい?

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

サザエさんの歌で

「おさかなくわえたドラネコ~♪」

とあります。

 

 

有名ですよね。

 

 

なんだか昔から猫は

魚が大好物みたいなイメージがありますが

なんでそうなったんだろ?

 

もちろん魚も食べますが、

実は食べすぎると猫にあまりよくありません

 

Sponsored Link

 

猫が食べてはいけないもの「人間の食べ物!」

 

 

いきなり知らない人にはびっくりですよね。

 

実は人が食べているもの

猫にあげるのはよくありません

 

昔の人自分たちの食べた残り物などを

猫のご飯として与えていました。

 

 

もちろん、

金銭面や見知らぬネコへの動物愛など

いろいろな状況問題があり

そうせざるを得ないこともあったと思います。

 

しかし人間と同じ食べ物を与えては

なぜダメなのでしょうか…

 

 

猫には塩分や油分、糖分などは多すぎて害になる

 

 

ハムとかソーセージとか、

実はかなり塩分が入っております。

そのため人が食べると美味しく感じるのですが、

猫にとっては 塩分過多 なんです。

 

しかもそのような濃い味慣れてしまう

猫は味の薄い物食べなくなってしまうんです!

 

 

塩分などが多いと心臓や肝臓に負担がかかり

病気の原因になってしまいます。

あと、カロリーも高すぎるので人が食べる物あげてはいけません

 

 

猫にとって人間の食べ物は毒のようなもの

 

 

人間しょっぱいものなどを食べすぎると

 

身体に悪い!

 

とよく言われますよね。

 

ラーメンのスープは残しなさい!とか。

(私は大好きなのですが…)

 

コンビニのおにぎりって

とても美味しく感じませんか?

 

それは通常では入れないほどの塩が大量に入っているからです。

 

ご自宅で作るおにぎり

時間が経つ塩分が飛んでしまい

物足りなくかんじるのですが

 

コンビニのおにぎりは冷めた状態でも

とても美味しい!と感じれるほど

塩分が入っているんです。

 

 

人間の食べ物猫に与えるということは

人が食べたら病気になってしまうようなことを

猫にさせているということなんですね!

 

 

猫はネギ類やカフェイン系で中毒をおこす!

 

 

私もネコを飼うようになって初めて知りました。

 

昔の人はネギ玉ねぎなどを

猫のご飯混ぜたりしてたんじゃないかとも思います。

 

身近な食材で猫に上げてはいけない物

ご紹介いたします。

 

 

ネギや玉ねぎなどネギ類は危険!

 

 

ネギ

玉ねぎ

ニラ

にんにく

 

ネギ類は実はネコの赤血球を破壊してしまうおそろしいもの。

アリルプロピルジスルフィドという舌を噛みそうな名前の成分が

赤血球を壊してしまうんです…オソロシイ。

 

 

猫に起きる症状

・貧血

・食欲不振

・呼吸困難

・嘔吐

・血尿

 

Sponsored Link

 

カフェインが入っている物は危険!

 

 

コーヒー

紅茶

お茶

 

カフェインが入っているものは猫に与えてはダメ!

猫が飲みたがるとも思えませんが

猫が飲むミルクや水などに混ぜないよう注意して!

 

 

猫に起きる症状

・嘔吐

・下痢

・痙攣

 

 

海鮮系も意外と危険!要注意!

 

 

えび

かに

イカ

タコ

生魚

 

えびかにイカタコ 。そして 生魚 もダメ。

ビタミンB1欠乏症を起こします。

 

生イカの内臓は猫に特に危険です。

酵素の「チアミナーゼ」がたくさん入っており

ビタミンB1を破壊してしまうからです。

火をちゃんと通せば少しくらいならあげてもいいとか。

でもそんなの聞いたらあげたくないですよね。

 

生魚も食べすぎるとよくありません。

「黄色脂肪症」という病気になる猫がいます。

体内の脂肪が炎症を起こし痛みや発熱を引き起こしてしまいます。

 

魚の骨にも注意しましょう。

口内胃の中刺さることもあります。

食欲不振になりかねません。

 

 

猫に起きる症状

ビタミンB1欠乏症

黄色脂肪症

食欲不振

発熱

下痢

嘔吐

 

 

貝も食べたら危険なんです

 

 

アワビ

サザエ

貝類

 

特にアワビの肝にはピロフェオホルバイド

光線過敏症という病気を引き起こします。

太陽の光を浴びると皮膚炎を引き起こすんです。

 

など薄い皮膚では光に反応しやすく

腫れあがったりかゆみを引き起こし

最悪の場合は耳が壊死することも。

 

 

猫に起きる症状

下痢

嘔吐

皮膚炎

光線過敏症

 

 

チョコも危険なの?

 

 

実は チョコココア もダメなんです。

特に女子猫には甘いものもいいんじゃないか

なんて思えてしまいますよね。

チョコやココアに含まれるカフェインテオブロミン

中毒症状を引き起こします。

興奮し始め2、3時間で下痢や嘔吐、発熱や呼吸困難に。

最悪の場合は痙攣を引き起こし死んでしまうことも…

 

まさにですね…

 

 

猫に起きる症状

下痢

嘔吐

発熱

呼吸困難

痙攣

中毒症状

 

 

牛乳もダメって知ってた?

 

 

あとは意外なもので牛乳ダメなんです。

 

よくドラマとか拾ったネコに

ミルクを出してあげたりしてますが、

人間用の牛乳糖分が多いため

消化が間に合わずに下痢になったりします。

 

あと、人間の牛乳だけを飲ませていると

栄養不足になりますのでご注意下さい。

 

もし あげるなら専用のミルクが販売されてますので

そちらをあげて下さい。

基本的にはキャットフードをあげて下さい 。

それが一番安全ですよ。

 

Sponsored Link

 

まとめ

 

猫のお留守番!夏の暑さ対策で準備するべき10のコトとは?

猫がなつく好きな匂いで仲良しになりたい!危険なにおいや植物は?

猫が下痢をする原因は?食事が合わない?ストレスや病気の可能性も?

 

いかがでしたでしょうか。

 

人が食べているものだから猫が食べても大丈夫

勘違いされてしまう人も多いようです。

特にお子さんが良かれと思って与えたもの

猫にとっては猛毒だったなんて悲しい事件も実際にあります。

 

キャットフードを与えることが一番安全かもしれません。

 

人の食べ物はダメ

ネギ類カフェインなどダメ

生魚なども。火を通す必要がある。

ミルクはネコ専用を。

 


コメントを残す