猫にキャットタワーは必要なの?無くても運動できるのでは?

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

ご自宅に 「猫タワー」 ありますか?

ある人もいれば無い人もいるようです。

 

買ってもいいけど

猫たちはちゃんと遊んでくれるのか。

使ってくれなかったらどうしよう。

 

そんなお悩みもあるかと思います。

 

実際問題「猫タワー」は必要なんでしょうか?

 

Sponsored Link

 

家猫は運動不足になりがち

 

 

最近は猫ブームで部屋の中で猫を飼う人が増えました。

 

家の中にいたりに自由に出ていったり

移動制限は猫にはあまりありませんでした

 

しかし、マンションやアパートにて飼う人も増え

猫は運動不足になりやすくなってしまったのです。

 

 

別にタワーが無くても運動できるのでは?

 

 

確かに、タワーが無くても部屋を走り回ることで

猫の運動不足一部解消することは可能です。

 

ですが、それだけでは足りません・・・

 

 

横移動と縦移動

 

 

おもちゃを使って猫を走り回らせることはできます。

しかしこれはあくまで横移動であり、

 

私たち人がもういいだろうと思っても

実は猫は満足できていません。

 

猫は高い所が好きです。

 

 

・敵に襲われる確率を減らすことができる

・上から見渡すことで敵の発見を早める

・襲われにくいことから猫のリラックス場にもなる

 

 

ですから本能として猫はジャンプして高い所へ登りたいんです。

 

つまり縦移動ですね。

 

たまに、猫タワーが無いお部屋で飼い猫さんが

どうやって登ったの?!

ってくらい高い所にいたりしませんか?

 

 

エアコンの上本棚の上など

あまり登って欲しくない所まで

ジャンプしてしまうことも。

 

猫が本気になれば2~3mほどならジャンプできるんですよ。

 

 

イタズラしてしまう可能性

 

 

普段から高い所へ登りたいのに猫タワーが無いと

家具などを遊び場にしてしまうことがあります。

 

家具から家具へ飛び乗って

をつけてしまったり

が舞ってしまったり。

 

大事な置物写真立てなどを落としてしまったり

手に負えなくなることも。

 

物を落とすと人が反応する覚えてしまう

クセになってしまう猫もいるんです。

かまって欲しいがゆえのアピールです。

 

 

猫タワーは爪とぎしやすい作りにもなっており

自然とタワーで爪とぎをしてくれるようにもなります。

お部屋の傷も格段に減ると思いますよ。

 

 

Sponsored Link

 

猫タワーのメリットデメリット

 

 

猫タワーと言ってもいろいろな種類高さなど様々です。

金額もそれぞれ違いどれがいいのか悩みますよね。

メリット デメリット、そして種類について説明します。

 

 

猫タワーのメリット

 

 

猫にとって猫タワーとは

一体どんな存在なのでしょうか?

 

メリットをご紹介いたします。

 

 

猫の運動不足を自分で補える

 

 

なんといっても運動不足の解消です。

 

猫の正確や年齢によっても変わりますが

丁度いい高さの物があれば

飛び乗りたくてウズウズしちゃうでしょう。

 

 

自然タワーへ飛び乗り

上下に移動することによって縦移動で

運動してくれます。

 

走ることよりも上に跳ねる登ることは

2倍3倍の運動効果があり運動不足の解消にも最適なんですね。

 

 

リラックス効果がある

 

 

あとは高い所へ登り下を眺めることにより リラックス効果 があります。

高い場所が気に入りすぎてそこで寝てしまう子も。

 

人が個室に入ってベットでぐっすり眠れるように

猫も高い所で周りを眺めるとリラックスするんですね。

 

 

イタズラ防止に役立つ

 

 

あとは イタズラ防止 に役立ちますね。

タワーの柱などが爪とぎ効果のある素材を使っており

自然とそこで爪とぎすると覚えてくれます。

 

もし一匹でなく、多頭飼いをされている場合は

猫タワーは必需品かもしれません。

 

まさに猫たちの憩いの場なんですね。

 

 

 

猫タワーのデメリット

 

 

では、猫タワーを導入することによって

デメリットはあるのでしょうか?

 

 

どうしても場所を取ってしまう

 

 

やはり一番のネックはどんな猫タワーでも 場所をとることです。

 

猫と部屋で暮らすと言っても人も一緒に生活しています。

何部屋もある場所で飼われているなら問題ありませんが

一人暮らしの方などは大変 かもしれません。

 

 

お金がかかってしまう

 

 

そして お金がかかってしまいます。

5000円から2万円くらいの間でしょうか。

 

あとは、 設置場所を考える必要があります。

どこでも置けばいいというものでもありません。

 

猫が落ち着かない場所に設置したら

猫は使ってくれない 場合もあります。

 

静かな場所日が当たる場所

窓の近くで外が見える位置も気に入ってくれると思います。

 

 

猫タワーの種類

 

 

猫タワーにはどのような種類があるのでしょうか?

様々な種類があり、子猫用からシニア猫用と幅広いんです。

 

ご自宅の猫ちゃんにあった猫タワーを

探してみてくださいね

 

 

猫タワー:据え置きタイプ

 

 

据え置きタイプはそれほど 高さは無いです

 

簡単に持ち運びが出来て天井を傷つけることがありません

お値段もお手頃が多いです。

 

固定はされていない為、使い方によっては

グラつくこともあります。

 

あまり 耐久度は高くないものが多いです。

2匹以上飼っている場合はちょっと怖いですね。

ネジのゆるみなども定期的に点検してあげないといけません。

 

 

 

猫タワー:突っ張りタイプ

 

 

床と天井で固定できる 突っ張りタイプもあります。

 

天井を突っ張り棒で固定し 転倒を防ぐことが可能 です。

天井まで届くため、タワーもかなりの高さのものになります。

 

お値段も少し高くなってしまいますが、

小さな隠れ場所などもついているものがあり

喜んで使ってくれるに違いありません。

 

しかし、天井で支えているため、猫がタワーで騒ぐと

上にまで振動が響いてしまうこともありアパートやマンションでは

注意が必要です。

 

 

 

猫タワー:ポールタイプ

 

 

狭い場所に置く時や

インテリアに合わせたオシャレタワーが欲しい人向けのもあります。

 

いわゆる猫タワーとはデザインが違うので

オシャレ重視の人には良いのではないでしょうか。

 

上下運動という意味では通常のタワーと

あまり変わらないのですが

このタイプは爪とぎがついていないことが多いです。

 

据え置き突っ張りタイプも両方あります。

 

 

お部屋猫の状況に合わせてタワーを考えてみて下さいね。

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

 

猫のハンモック好きな理由や種類は?目的に応じた3種類の特徴

猫は高い所から飛び降りても平気なの?人とは違ってバランス感覚もすごいの?

 

いかがでしたでしょうか。

 

猫タワー必要かどうか

飼い主さんの考え方によって変わるとは思いますが

家ネコさんにとっては運動不足を解消する意味でも

何かしらの猫タワーがあると便利だと思いますよ!

 

・猫の運動不足の解消になる

・猫のイタズラが減少

・家具や壁の爪とぎ傷が減る

 


コメントを残す