猫が寂しい悲しいとするしぐさ5選!効果的な接し方や方法は?

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

 

家猫ちゃんが寂しい悲しい時にするしぐさって

ご存知でしょうか?

 

もしも猫が悲しいと感じているのが

わかったなら

こちらの対応も変わってきますよね!

 

 

一緒に生活して行く上で

言葉をしゃべれない猫ちゃん。

 

寂しい悲しいと感じた時にする

しぐさをご紹介いたします!

 

また、そんな時にする

効果的な接し方もご覧下さいませ♪

 

Sponsored Link

 

猫が寂しい悲しい時にするしぐさ

 

 

寂しい悲しい時というのは

人ならば誰しもが理解できますよね。

 

口数が減ったり

声が小さくなったり

考え事が多かったり

ボーッとしたり

 

基本的には行動力が小さくなります。

 

 

猫が寂しい悲しい時の鳴き方の違い

 

 

猫の鳴き方にはいろいろと種類があります。

 

怒っている時や怖がっている時などは

 

 

シャーーッ

ウゥゥゥゥゥ~

 

 

強めの大きな声を発することが多いですが、

 

悲しい時や寂しい時などは

声を伸ばす傾向が強くなります。

にゃ~~ん

にゃお~~

 

長く伸ばして鳴いている時というのは

猫が悲しさ寂しさ感じている時なんです。

 

 

家猫さんが寂しい悲しい時にみせるしぐさ5選

 

 

この寂しい悲しいと感じて猫が見せるしぐさというのは

野良猫さんはほとんどしないです。

 

そもそも、寂しい悲しいと感じているのは

基本的には飼い主さんに対しての気持ち

多いからだと思います。

 

 

猫が寂しい悲しいと感じると「しゅんとうなだれる」

 

 

何か家猫さんがそそうをしてしまった時

物陰に隠れてこちらを見ながら

「しゅん」としてませんか?

 

ウチでも大事なものの上に猫がゲーをして

イライラした気持ちが伝わったのか

しゅんとしてうなだれて

こちらの様子を伺う時がたまにあります(;´∀`)

 

きっとこれは反省している姿なのかもしれません。

 

 

猫が寂しい悲しいと感じると声を「小さく」して鳴く

 

 

これはなんだか人と似ていて親近感が湧きますね。

でも声が小さくなる理由が

人にもわかりやすいと思います。

 

にゃ・・・・ん

 

とまるで消え入りそうなくらいの音量で

言葉を詰まらせるかのような鳴き声の時も。

 

ほとんどの場合、飼い主さんがかまってくれなくて

最後の抵抗のような時に多いようです。

 

 

猫が寂しい悲しいと感じると「ふみふみ」をする時がある

 

 

ふみふみと言えば甘えている時の感情だと

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

もちろんそうなのですが、

ですが悲しい時にも猫は「ふみふみ」をします。

そのふみふみ行為で自分を癒しているんですね。

ふみふみは母猫のことを思い出すと

よく言われますが、

母猫を思い出して悲しい気持ちに

なっているのかもしれません。

 

 

猫が寂しい悲しいと感じるとあなたをチラ見します

 

 

猫にチラ見されたことはありますでしょうか?

人でも同じことが言えますよね。

 

「かまって欲しいな」

「慰めてほしいな」

「寂しいな」

「もう怒ってないかな」

 

そんな時に人も同じように

チラ見してしまいますよね。

 

もし猫にチラ見されたなら

やさしく声をかけて撫でてあげると

猫も喜ぶと思いますよ!

 

 

猫が寂しい悲しいと感じるとシッポが力なくダラリとする

 

 

猫が悲しいと感じると

猫の感情表現を表す尻尾

力なく「だらり」と垂れ下がっています。

 

これもまた人とよく似ていますよね。

人だって悲しい時に

筋肉をムッキムキにするわけないですし・・・

逆に脱力して力が入っていない状態になりますよね。

 

猫も同じで尻尾に力が行き渡らなくなるんですね。

 

Sponsored Link

 

猫が悲しいと感じている時の接し方

 

 

猫は言葉を理解することができません。

ですから気の利いたセリフを言っても

あまり意味がありません

 

ですが、

優しくゆっくり声をかけてあげて下さい。

 

言葉の意味はわからずとも

雰囲気語気の強弱によって

 

今、飼い主さんがどんな感情なのかにゃ?

 

察することができるんです。

 

合わせて優しく頭を撫でてあげましょう。

 

そうすれば悲しみ真っ最中の猫も

慰められて穏やかな気持ちになってもらえますよ!

 

 

猫は本当に悲しいと感じている?

 

 

猫が悲しそうな寂しそうな声で

にゃ~ん

と鳴いているととても悲しそうに感じます。

 

それは人ならば当然のことです。

 

ですが、実際は猫も同じように

悲しいと感じているわけではないようなんです。

 

 

猫の感情は直接的なことがメイン

 

 

猫は人間のように複雑な気持ちで

「悲しい」「寂しい」

とは感じていないようです。

 

「お腹すいたよ~」

「寒いよ~」

「怖いよ~」

 

このような感情が

人に一番近い感情と言われています。

 

お腹が空いて「にゃ~ん」と鳴ければ、

人がそれを見て勝手に悲しい気持ちになっている

解釈してしまっているんですね。

 

 

猫も飼い主さんが亡くなったら悲しい?

そう感じて欲しいですよね。

 

こんな話があります。

 

長年一緒に暮らしていた飼い主さん

突然亡くなってしまったとか。

 

猫はいつも通り

飼い主さんが目覚めてくる時間に

ご飯がくるのを待っています。

 

もちろんご飯はいつまでもきません。

 

飼い主さんが撫でてくれたソファーの上や

汚れた猫砂を片付けてくれる音

いつも一緒だったベットでの温もり

 

猫は飼い主さんを求めて

家中をニャァ、ニャァと

鳴きながら探し回ったそうです。

 

こんな姿を見たら人は

飼い主さんが亡くなったと知らず

でもどこか飼い主さんには二度と会えないと

悟って鳴きながら探し続ける

感動の話と解釈してしまいますよね。

 

 

実際問題、

猫に死という概念無いそうです。

よくわからない、理解できないそうです。

 

ですから実際はお腹が空いたよ~

撫でてよぉ~

寒いから一緒に寝ようよぉ~

と探し回っているという所でしょうか。

 

途中までいい話だったのにすいません。

 

ですが、猫も悲しい、寂しい

という気持ちがあるからこそ

亡くなった飼い主さんを

鳴きながら探し求めるんだと思います。

 

Sponsored Link

 

まとめ

 

猫の寿命はどれくらい?長生きさせる方法とは?NG行動6選

ネコの気持ちが分かるアプリ?人の言葉を猫語に翻訳できる?

 

いかがでしたでしょうか。

 

猫がもし悲しいしぐさ、寂しいしぐさ

をしていたらやさしく接してあげて下さい。

もしイタズラなどをしたとしても

怒られているとは理解できません。

嫌われてると思うのでお気をつけ下さい。

 

・猫も悲しい寂しい時はそんなしぐさをする

・猫の悲しいと人の悲しいは少し違う

・人が猫が悲しんでいると曲解することが多い

 


コメントを残す