猫に威嚇された!信頼関係を作って威嚇されずに撫でる時の注意点とは?

 

 

Sponsored Link

 

 

あう~どうもご主人です。

 

猫に威嚇されたことはありますか?

猫と仲良くなりたくて笑顔で近づいて行くと

 

「しゃ~~っ!」

 

とものすごい形相でこちらを睨みつけながら

怖い声を発してくるんです。

ネコに縁が無い人は想像するのも難しいと思います。

 

犬で言うと「グルルルルゥ・・・ワンワン!」

 

みたいな感じです。

 

犬の威嚇も声が大きくこわいですが、ネコの シャーッ

初めての人にはけっこうこわいものです。

 

 

猫はなぜ威嚇をしてくるのか

 

 

いろいろ理由があると思いますが

 

・機嫌が悪い

・しつこい

・相手をよくしらない

・仲が悪い

・こわい

 

シャー顔はかなりこわいです。

 

目がギラリ

トガッたするどい歯を見せつけ

体を大きくみせつつ

敵対心をあらわにします。

 

般若のお面のような形相 です。

 

そんなシャーッを目の当たりにしたらトラウマになるかもしれません。

私も最初は何度となくシャーを浴びせられ心が折れそうになりましたよ・・・

 

 

猫に慣れていない人がよくする失敗例

 

Sponsored Link

 

ネコの世界では目の前にある物を後ろに引くと攻撃的になる習性があります。

 

ましてや、よく知らない人であればなおさらです。

ネコにさわる時に指を出してニオイを嗅いでもらいますが

ネコぱんちされる時があると思います。

 

 

「パパパパァ~ン!」

 

 

予期せぬネコぱんちの場合、とっさに人はびっくりしてしまい

出した指を後ろへ引っ込めてしまう時があります。

するとネコはそれを見て

 

「シャーーーーーッ!」

 

となります。

 

ネコ科のライオンも同じらしいです。

もしも、もしもですがライオンと対峙したり抱きつかれたりした時に

こわくて後ろへ逃げようものなら

たちまち 噛みつかれる 可能性があります。

 

昔、ムツゴロウさんのTVでムツゴロウさんがおっしゃってました。

そういう時はガンとして後ろへ引かず前に出る!って。

 

なので指をネコの顔の前に出した時、ぱんちされてもひかないこと。

それができれば絶対に威嚇してきません。

 

実はネコぱんちでコチラの愛をためしているのかもしれませんね。

 

 

猫ケンカをするときは体を大きく見せる

 

 

ネコは敵と対峙した時に威嚇をしますが、その際に体を上に伸ばして

大きくみせようとします。

 

人間も同じだと思いますが、自分よりも 大きい人を目の前にすると

敵対している場合 こわいと感じる と思います。

 

ネコ対ネコでもそうですが、人がネコに対し大きくみせるような行動

してはいけません。ただでさえネコよりも大きな体をしているのに

両手を上にあげて、ネコに対し前のめりの姿勢になろうものなら

シャーッと威嚇されるか、たちまち逃げてしまい信頼関係が崩れさります

 

来ている服を広げてみせたりするのもNGです。

 

 

注意しましょう。

 

 

まとめ

 

猫はすぐ引っかくの?信頼関係を築く?警戒されずに触る方法

猫が集会する理由や意味とは?人が招待される方法があるって本当?

カズの動画

 

・しつこくしない

・ニオイを嗅いでもらう時にとっさに指を引かない。

・体を大きく見せようとしない。

・機嫌が悪い時は近づかない

 

Sponsored Link

 


コメントを残す