猫が水を飲まないのはナゼ?水を飲ませる方法とは?ご先祖様が関係してる?

 

 

Sponsored Link

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

人は喉が渇くと水を飲みますよね。

水を飲むというのは乾いた身体を潤す大事な行為です。

 

ですが 猫はあまり水を飲みません

どうして猫は水を飲まないのでしょうか?

うまく飲ませにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

猫が水をあまり飲まないのはナゼ?

 

猫はあまり 自ら水を飲もうとしません

 

それは猫の出身地に関係があります。

え?日本生まれですが??

もちろんウチの猫も日本で生まれました。

 

猫の先祖の話ですが、元々猫は砂漠の出身なのです。

 

砂漠には水がほとんどありません

喉は乾きますが水を飲むという行為自体がほとんど無かったのです。

 

では砂漠にいた頃の猫たちはどうやって 水分補給 を行ってきたのか?

 

それは食事と一緒に摂取していました。

狩りで捕らえた 獲物の体液などを食事と一緒に摂る ことで水分を補給していたんです。

 

 

ウエット系のキャットフード

 

いつもエサを与えてはいるが、用意した水はあまり飲まないから心配

そう思う人も多いようです。

 

もしエサがウエット系の場合はあまり心配する必要がありません。

ご飯をハフハフ食べていると同時にある程度水分もエサに含まれているので

そこそこ 水分も摂れている と思われます。

 

ドライ系のお菓子のようなカリカリキャットフードの場合は

水分は無いので 水を飲まないといけません

ですが、猫は遺伝的なことなのかノドが乾いていても率先して水を飲もうとはしないんです。

 

できるならドライ系だけのエサを与えるのではなく

ウエット系のエサも織り交ぜて食事を与えてあげましょう。

 

 

猫が水を飲まないでいるとどうなる?

 

Sponsored Link

 

もし人が水を飲まずにいたらどうなりますか?

喉が渇くだけじゃなく 脱水症状を起こします。

そして死んでしまいます。

 

猫は砂漠出身ということもあり人よりは水分が足りなくても耐えることができますが

それでも水分補給はしなくてはなりません。

 

 

最悪の場合、腎不全になってしまう

 

猫が水を飲まないでいると おしっこに行かなくなります。

そうなると本来はおしっこで老廃物などを外へ出しているものが

腎臓に溜まってしまい「腎不全」という病気になってしまいます。

 

腎不全になると最悪の場合、猫は死んでしまいます。

吐血 したり 痙攣 など起こし、食事もとれず 衰弱 して死んでしまいます。

 

そんな悲しい姿は見たくありませんよね!

 

 

猫に水を飲んでもらうには?

 

猫は水をあまり飲もうとはしませんが、

飲みたい時に目の前に水があるとけっこう飲みます。

 

食事の際に水を飲むというのは人間にとっては当たり前ですが

猫は元々食事と一緒に水分をとっていたので

食事をしたら水を飲むという習慣が無い んです。

 

なのでエサを与えたあと水を飲まないのは普通です。

 

エサの横に水を置いておいてもあまり飲んでくれないかもしれません。

 

一番良いのは部屋のいろいろな所に水を設置してあげるといいです。

猫が歩いていたら水に出くわし、 目に入ったから飲む となります。

 

 

水を飲む習慣ができれば猫も水を飲む

 

ウチでは部屋がとても広いわけではないので

あちこちに水を置くことが難しいです。

 

なので、ご主人が 気づいた時に水を猫の近くに持っていってあげてます

 

目の前に水を置かれると結構水を飲みだします

本当は喉が渇いていたのでしょう

猫は 喉の渇きよりも眠気の方を優先しがちですが

そばに水を置いてやるとウチの場合はよく飲んでくれました。

 

気付けば水を持って行っていると

猫も水を飲む習慣がついたのか 自分から水のある場所へ飲みに行く ようになりました。

 

知らず知らずのうちに 水を飲ませるしつけ になってしまったようですね(笑)

もし猫が水を飲まずに困っていたらおすすめですよ!

 

猫の近くにお水をスッと置いてあげると気になって意外と飲んでくれますよ

 

 

まとめ

 

猫のおすすめキャットフードは?家族だからこそ健康と美味しいを考えた食事を

猫の病気病名の死因第一位は慢性腎不全?原因や予防法は?

 

・猫は水を飲む習慣がない

・砂漠生まれのため食事と同時に水分を補給する習慣が残っている

部屋中いろいろな所に水飲み場を設置してあげると猫も水を飲む

・猫も水を飲む習慣がつけば自ら水を飲みに行く

 

Sponsored Link

 


コメントを残す