猫とおもちゃで遊ぶ喜ぶ運動するには?いろいろ種類があるがどれが最適?

 

 

Sponsored Link

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

人もそうですが、ネコも子供の頃は親や兄弟と遊ぶもの。

ネコも母ネコや兄弟ネコと遊んでいく中で これからの生き方 などを学びます。

 

しかし、飼いネコの場合は一人で家にいることが多く、

避妊・去勢手術を行っている場合が多いので

大人と言っても子ネコの部分を多く残しています

 

室内のため 運動不足になっていることもよくあります。

飼い主さんがネコと遊んであげるということは 様々なことを解決することができます。

そして遊んでいくうちに絆や信頼関係ももっと深まる大切なイベントです。

 

 

おもちゃの種類を見てみよう!

 

 

遊ぶといっても犬のように一緒に走り回ったりすることは室内では難しいです。

そこで手軽に一緒に遊ぶことのできるおもちゃがいろいろな種類あります。

 

ネコじゃらしタイプ

・獲物タイプ

・ボールタイプ

ヒモでユラユラタイプ

・筒状のもぐるタイプ

・光タイプ

 

どれもネコが喜ぶものですが、ネコによっては好き嫌いがあるようです。

 

ネコじゃらしはおそらく嫌いなネコはまずいないと思います。

 

獲物タイプはどちらかと言えば一人で遊ぶタイプ。ネコぱんちしたり飛ばして追いかけたりします。

 

ボールタイプも獲物タイプとあまりかわりません。しかし、大きさによっては口にいれて

飲み込んでしまう恐れもあるので、ネコに合った大きさを選びましょう

 

ヒモでユラユラも食いつきがいいですよね。これは人が獲物をまるで生きているかのように

動かして気を引くタイプです。これが一番一緒に遊んでいる気になると思います。

 

筒状タイプのはネコが中に隠れたりくぐって遊んだります。狭い場所が好きなネコにはコレです。

 

光タイプは壁などに光をあてて獲物がいるような演出をするものです。明るい時には向いてません。

 

 

遊んでくれサインを見逃すな!

 

Sponsored Link

 

遊んでほしい時、ネコはサインを出します

 

・なんだかジッとこちらを見つめてくる

・突然足元に来てスリスリしだす

おもちゃを持ってくる

 

なかなかタイミングが合わなかったりもします。

ですができるなら遊んであげましょう。1回10分程度でいいんです

 

ネコの集中力は長く続かないらしく、長いと飽きてどこかに行ってしまいます・・・薄情もの・・・

 

 

ハンターを唸らせろ!本物の動きをマスターせよ!

 

 

ネコの遊びというのは狩りの直結しています。家ネコなどは実際には狩りをしません。

しかし狩りをしたいという本能を遊びで解消しています。

 

狩りの獲物となるおもちゃのねずみや小鳥、虫などをまるで生きているかのように

動かすことができればネコはたまりません!ものすごく喜んでくれるに違いありません。

 

ただし、獲物の動きが単調だったりいつもと同じ動きばかりしていると

ネコが本気で遊んでくれません。たまに違う動きをいれてみたりなど変化をつけてあげることが

ネコの狩り遊びを満足させます。

 

ねずみおもちゃでカズが舞います(笑)👇

 

まとめ

 

猫のおもちゃはねずみが一番?レーザーポインタを買ったら大喜びで遊ぶ?どろ猫日記第13回目

猫が安心して暮らせる環境とは?部屋の中には危険がいっぱい?

猫にゃんこのマタタビが大好きな理由は?使い方を教えて!

カズの動画

 

・ネコのおもちゃはいろいろあり、性格によって好みがある

・遊んでサインを見逃すな!

・本物のように獲物を動かしましょう

 

Sponsored Link

 


コメントを残す