猫のイタズラや悪さして怒っても効果なし?悪さをやめさせる方法は?

 

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

ここには来てほしくないな。

大事なものがあるから来ないで。

その壁でツメを研がないで!

鳴いてもご飯は終わりですよ!

 

など

 

ネコが言うことを聞かないことなど、ネコの行動に困っている人も多いと思います。

ネコがやめるよう促すコツを教えます!

 

Sponsored Link

 

猫に怒っても当然通じません

 

「こらー!」と怒っても当然ネコには通じません。言葉が通じないですから・・・

 

イヌは基本的にグループで行動するため上の命令に下は従う習性があります。

だから人がイヌに「しつけ」をすることが可能なのです。

 

しかしネコはイヌと違い、単独で自由に行動するため

しつけができないと考えましょう。

 

大きな声で怒ってもただびっくりするだけで効果はありません。

 

叩いたりしたらもっとダメです。

ネコはなぜ叩かれたのか理解できず飼い主さんを嫌いになるだけです。

 

どこかに閉じ込めてしまうのもよくありません。

ゲージやキャリングケースに閉じ込めると

そこが嫌いになり、いざ入って欲しい時に入ってくれなくなります。

 

猫に怒る時にやってはいけない!逆効果パターン

 

・大声で怒る → びっくりするだけ

・体罰    → 信頼関係が崩れるだけ

・閉じ込める → その場所が嫌いになるだけ

 

 

猫がイタズラできない環境にしてあげる

 

Sponsored Link

 

ネコを しつけることは至難の業 です。

行動自体が良いことなのか悪いことなのかを判断できないんです。

 

まさに自由・・・

 

それらを止めさせるというよりも、悪さをしても問題ない、

もしくはできない環境にしましょう。

 

できない環境にするパターン

 

言っても聞かないネコですから。やって欲しくないことをされたとしても

何も問題のない環境、またはどうあってもできない環境にすることが大切です。

 

・壁で爪とぎ → 壁にカバーなどをはり傷つかないようガード

・キッチンにいれたくない → ドアを閉める、もしくは固いタイプのカーテンなどで閉め切る

・ゴミ箱を荒らされる → フタをしてあげるかフタつきタイプのゴミ箱に変える

 

天罰が起きるパターン

 

それをするとネコが嫌がることが起きるよう仕掛けしてやめさせる方法です。

何度も繰り返すとしなくなります。しかし時が経つとまたやってしまうかもしれません。

 

・タンスの上などに乗って欲しくない → ガムテープなどでネチャネチャするよう仕掛ける

・食事テーブルに乗って欲しくない → 何かが落ちて大きな音が出るよう仕掛ける

・とにかく悪さをやめさせる → お酢や柑橘系のものをスプレーでかける

 

無視パターン

 

ネコは慣れてくると鳴いたり、

見つめれば 飼い主が自分の要求に答えてくれる ことがわかり

無理を承知で物事を 要求してきます

 

・朝早く起こされる → 心を鬼にして無視

・ご飯をせがまれる → もちろん心を鬼と化し無視

 

 

成功に導くポイントとは?

 

どんなにお母さんが悪さをしないよう努力しても、お父さんがそれを許してしまうと

ネコはどっちが正しいのか、何が何だかわからなくなってしまいます。

 

やっぱりたまにしか会わないお父さんなど甘やかしてしまう傾向があります。

 

家族みんなで意思を統一しましょう

ネコの気をそらすという手もあります。

 

悪さをしそうになった時に大好きなおもちゃを出して遊んであげるなど

ネコ心を鷲掴みにして気をそらすなんてのも平和的でいいですよね。

 

Sponsored Link

 

まとめ

 

猫が快適な冷房クーラーの温度は?真夏のお留守番注意点6つ

 

・ネコに怒っても意味がない。嫌われるだけ。

・悪さをできないしない環境にしてあげる

・時には心を鬼にして無視すべし

家族全員で意思統一を行う

 

 


コメントを残す