猫は高い所から飛び降りても平気なの?人とは違ってバランス感覚もすごいの?

 

 

Sponsored Link

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

猫って高い所から飛び降りてもくるりと身体をひねって

新体操選手のように 華麗に着地 するって昔からいいますよね。

 

今どきそんな場面に出くわすこともなかなかありません。

本当なんでしょうか?

 

 

発達した三半規管

 

 

猫は高い所から飛び降りても、あやまって落ちてしまったとしても

空中で新体操選手のようにくるりと身体をひねって 見事に地面へ着地 します。

着地の衝撃をやわらげるためのしなやかな筋肉足についた肉球の効果もありますが

なんといっても 優れた三半規管が特徴 です。

 

三半規管は耳の奥にある バランス感覚をつかさどる器官 です。

 

普通の人がその場でくるくる横に回転すつづけた場合、

クラクラになってまっすぐ歩くことすらできません。

 

高い所で細い綱渡りのような状況になった時だと、

地面の上ならば普通に歩けるはずなのに、高い所では思うように歩くことができません。

 

しかし、猫は三半規管が発達しており、高い所から落ちている時でも

空中で自分がどのような状態かを把握 することができます。

なので、空中で身体を回転させて華麗に地面へ着地することができるのです。

 

バランス感覚も当然すさまじく、

高い所の屋根やマンションのベランダの手すりなど 平気で歩く こともできます。

 

 

身体能力にも限界がある

 

Sponsored Link

 

いくら高い所から落ちても華麗に着地できるといっても

やはり 限界があります

 

人だってそうですよね。2mの高さから飛び降りてなんとか無事でも

10mの高さから飛び降りようものなら地面への衝撃は何倍にもなり

体重や衝撃に耐えきれず身体が壊れてしまいます。

 

猫もいくら柔軟でしなやかな身体と衝撃吸収能力の高い肉球を持っていたとしても

ものすごい高い所から落ちてしまうと 衝撃に耐えきれず失敗してしまいます。

逆に低すぎる所から落ちた場合も体勢を整える間もなく落ちてしまい

ケガをしてしまうかもしれません。

 

うちの猫もきゃっとタワーに上って遊んでいる時に猫のおもちゃにびっくりして

下に落ちてしまったことがあるのですが、その時も低すぎたのか身体をひねる動作も

ないまま、下に衝突してしまってました。かわいそうに・・・

幸いケガはありませんでしたが。

 

ごめんよ、別に驚かして落とすつもりなんてなかったんだ・・・

 

もちろん、ご主人はしばらく猫に無視されました・・・

 

 

最近では、 高層マンションから猫があやまって落ちてしまうという事故

よく起きているそうです。

落ちてしまうというのがよくわかりませんが。

猫が下を見て着地できると勘違いして飛び降りてしまうということなのでしょうか?

 

高すぎる所からは 猫の身体も無事ではすみませんので、

高層マンションで猫を飼っている方は

ネットを張る とか、 ベランダには猫を出さない など

工夫が必要になってくると思います。

 

かわいくて大事な猫ちゃん達に危険な思いをさせたくありませんものね。

 

 

まとめ

 

・猫は三半規管が発達していて高い所から落ちても華麗に着地できる

・猫はバランス感覚も優れており、屋根の上などでも平気で歩行可能

・高すぎる所から落ちた場合、着地に失敗してケガをしてしまう。

低すぎる所からの落下もケガをする可能性がある。

 

Sponsored Link

 


コメントを残す