猫の寿命はどれくらい?成長スピードは?かわいい顔して老猫かも?

 

 

Sponsored Link

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

ネコは人間と比べると一生は5分の1以下

 

かわいく見えても実は老ネコだったりすることも。

大きく見えてもまだ0歳だったり。

 

ネコの成長スケジュールを見ていきましょう。

 

 

・授乳期~離乳期

 

 

子ネコが誕生してから4週目くらいの時期です。人間にすると1年くらいの期間です。

生まれたばかりは目も見えず、耳もよく聞こえません。

 

母ネコがもちろんお世話をします。乳を飲ませたり、トイレを手伝ったり。

 

少しするとハイハイを始めるようになり、トイレも自分でできるようになってきます。

4週目くらいになると他の子ネコとじぇれあったり遊んだりととても活発になります。

 

 

・幼猫期

 

 

だいたい1か月くらいから8か月くらいの頃です。

乳歯が生えそろい、いたずらざかりの子ネコになります。

 

目の色も成猫の色にかわるころです。

マーキングも覚えだします。

 

だいたい7か月くらいを過ぎると去勢、避妊手術ができます

 

これくらいの時期に手術ををしておきましょう。

 

 

・成猫期

 

 

1年から8年くらいの間のことです。

1歳をすぎるとネコとしての体が出来上がり、大人のネコとして成長が止まります。

 

体重もだいたい4キロ前後が普通です。

繁殖も可能なります。

 

5歳くらいになると人間でいう中年くらいの年です。

ネコにとっての1年は人間にとっての10年経つのと同じくらいの間隔なんです。

 

中年になると太りやすくなり病気の原因にもなります。なんだか人間と一緒ですね。

 

 

・老猫期

 

Sponsored Link

 

8年から10年くらいの頃です。

 

老化が始まり、毛にも白髪がまじってくるようになります。

動きも鈍くなります。こちらが呼んでも反応も鈍く低下してきます。

活動量も減りだし、一日のほとんどを寝て過ごすようになります。

視覚や聴覚、味覚も衰えてきます。老いは怖いです・・・

 

歯周病になりやすくなるのでお口のケアはしっかりしましょう。

 

昔からネコの寿命はだいたい10年ほどくらいでした。外で暮らす野良猫たちも変わらず10年ほど。

しかし近年、室内飼いが増え始め、部屋の中では外に比べると危険が減り、食事の間隔も一定となり

 

寿命が延びて長生きだと20年くらい生きるそうです。

 

 

・去勢、避妊手術について

 

 

手術なんてかわいそう!そう思う方も多いと思います。

もちろん手術はしないにこしたことはありません。

 

しかし放置するとどんどん子供を産んでしまいます。一回で3~5匹生まれ、そこから成長して

また子供が生まれるとなってくれば、家に飼うことがとても難しくなります。

 

外に出したりすると保健所へすぐ連れて行かれてしまい毎月何万頭ものネコが処分されています。

それはかわいそすぎます。だからこそ、手術をすることによって悲しい命を増やさないのも大事です。

 

また、手術をしないとおしっこをあたりに吹きかける「スプレー」というマーキング行為

繁殖期には子供を作るために相手を呼び込むためのうるさい鳴き声を発します。ご近所迷惑・・・

 

全てのネコを飼える場所と時間があるならいいのですが、なかなかに難しいです。

去勢、避妊手術は飼い主にとっての一つのマナーと言えるかもしれません。

 

 

まとめ

 

猫のお風呂の入れ方や方法やコツは?しつけるタイミングが重要?

 

・ネコの寿命は10年くらい

・最近の家ネコは20年くらい生きる場合もある

去勢、避妊手術はした方が良い

 

Sponsored Link

 


コメントを残す