猫のお風呂の入れ方や方法やコツは?しつけるタイミングが重要?

 

 

Sponsored Link

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

飼い猫ちゃんたちを お風呂に入れてますか?

なかなか難しいですよね。めちゃめちゃ嫌がりますから。

猫をお風呂にいれるしつけの仕方 を一緒に学んで行きましょう!

 

 

猫はお風呂が嫌い

 

まず最初に言っておきますが

 

 

猫はお風呂が嫌いなんです!

 

 

理由はいろいろありますが

昔からの本能でしょうか。猫のご先祖様は水の少ない環境下で生きてきたため

水を浴びるなんて無かったようです。人間が闇を怖がるようなものです。

 

あとはニオイが消えてしまうことです。

猫は自分のニオイを周りにつけて縄張りとしてリラックスしています。

にも拘わらず自分の体から 石鹸のニオイがしたらたまらんと思います・・・

敵のニオイを見つけるも何も自分から知らないニオイがするわけですから。大混乱です。

 

生まれてから半年~1年以内 でないとお風呂をしつけるのは難しいかもしれません。

大人になってしまうと 抵抗する力もありますし、無理矢理にすれば 飼い主さんを嫌いになるだけです。

 

 

お風呂の入れ方

 

お風呂と言っても 人間が入るお風呂に猫を一緒に入れてはいけません

 

おぼれたりして事故に繋がります

 

人間のお風呂になれてしまうと、飼い主さんが目を離したスキに湯船の中に落ちてしまい

水死してしまったなんて事故もありますから!絶対にやめて下さい!

 

 

猫用のお風呂を作ってあげる

 

猫専用のお風呂を作ってあげましょう。

 

作り方は簡単です。 洗面器の中にぬるま湯をいれてあげる んです。

最初は猫の足が浸かる程度の量でいいと思います。

 

そして大好きなおもちゃなどを洗面器の真ん中へ置いてあげましょう。

とにかく少しずつでいいのでお風呂に慣れさせるんです。

いきなりシャワーをかけたりしないように。

 

 

慣れてきたら

 

Sponsored Link

 

慣れてきたなら少しずつ体にお湯をかけてあげましょう。

猫用シャンプー を使って体を洗ってあげて下さい。

 

猫の顔にはお湯をかけないよう注意しましょう

顔にかかるのを極端に嫌がる猫が多いです。

 

お風呂と言っても熱い湯船にする必要はありません。

猫には汗腺が無いため、熱いと熱中症になってしまいます。

ぬるい程度で十分ですよ。

 

特に手足や肛門をよく洗ってあげましょう。

 

最後にすすぎですが、 流し方が甘いと猫が皮膚病になる可能性 もあります。

シャンプーなどきちんと流してあげましょうね。

 

 

猫がお風呂から上がった後は

 

お風呂から上がったらタオルで綺麗にやさしく拭いてあげて下さい

 

タオルはできれば吸水性の高いのタオルを使った方がいいです。

普通のタオルで拭こうすると嫌がる猫もいます。

吸水性のあるタオルで 優しく包んであげましょう

 

ドライヤーも使うべきですが、最初はびっくりて嫌がるかもしれません。

やさしい風でドライヤーを使ってあげましょう。

 

 

お風呂に入る頻度

 

実は猫によってお風呂にいれる頻度が変わってきます。

 

いわゆる日本猫のような短毛の猫の場合はほとんどお風呂に入れる必要がありません

自分自身のグルーミングでほぼカバーできるからです。

そうは言ってもお風呂にいれたい人もいるでしょう。

それでも 半年に1回くらいで十分 ではないでしょうか。

 

それに比べ、外国生まれの長毛の猫自分自身のグルーミングでは限界があります

表面上は綺麗でも中は清潔ではありません・・・

放っておけば病気になってしまう可能性も。

 

長毛の猫の場合は 少なくても月に1回 は入れてあげるべきです。

 

 

 

まとめ

 

猫はとっても綺麗好き!女子に好かれる理由はそこもありますよね!

猫の寿命はどれくらい?成長スピードは?かわいい顔して老猫かも?

猫はすぐ引っかくの?信頼関係を築く?警戒されずに触る方法

 

・お風呂にいれるということは病気防止に繋がる

・お風呂と言っても洗面器で簡易猫風呂を作ってあげる

・猫も慣れればお風呂が大好きになりますよ

 

Sponsored Link

 


コメントを残す