猫が顔を洗うと雨が降るって本当?おとぎ話のように感じるが?

 

 

Sponsored Link

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

昔の人は「猫が顔を洗うと雨が降る」とよく言ったそうです。

一見まゆつばのようにも聞こえますが実は科学的根拠があるんですよ!

 

 

「猫が顔を洗うと雨が降る」はホント

 

昔の人は 猫が顔を洗うと雨が降る! と雨に備えたそうです。

実際に雨が降ることも多かったとか。

 

それはなぜなんでしょうか・・・

 

 

猫のヒゲは万能レーダー

 

猫のヒゲは人間のヒゲとは全然違う能力をたくさん持っています。

猫のヒゲは 風の向きを計る ことができます。

 

猫のヒゲは 温度を感じる ことができます。

よく猫舌とか聞きますが、実際は猫は熱い物かどうか調べるために舌で確認しません

熱い物から出る熱や温度などをヒゲで感知し熱いとわかれば舐めることさえしません。

 

猫のヒゲは周りの 障害物の感覚を計る ことができます。

猫が狭いとこを入っていく時に自分のヒゲで通る場所の幅を計っています

どんなに狭い場所でもヒゲで周囲の幅を調べ、身体が全部通れると判断して

狭いところへ飛び込んで行くんです。特に暗い夜などに効果を発揮します。

 

そして猫のヒゲは湿度を感じることができます。

 

Sponsored Link

 

大気中の湿度が増えてくる空気が湿っぽくなってきます。

すると猫の万能レーダーともいうべきヒゲが湿気を感じて

いつもピンと張っている所が 湿度の重みで垂れてくるんです。

 

猫はいつも 危険を察知するためにヒゲをピン とさせておきたいわけで

ヒゲに付いた湿気を取り去ろうと顔を洗いつつヒゲを掃除するんです。

 

空気中に湿気が増えてくるということは 雨が降りそうな状態であり

雨が降ってきたりすることもよくあったそうな。

 

つまり猫が顔を洗うということはヒゲに付いた湿気を取り去る目的なことがあるため

 

猫が顔を洗うと雨が降る

 

という説があるんです。

 

猫のヒゲはすごいですね。

外にいつもいる猫限定 です。家ネコはいつも家にいるので家の湿気を計ることしかできません。

もし猫が前足で顔を洗ってばかりいた場合は雨が近いのかもしれません。

用心しましょう♪

 

面白半分で ヒゲを切ったりしてはいけませんよ!

方向感覚などが狂うらしく 物にぶつかったりフラフラしてしまう そうです。

 

実際、ただの説ではなく科学的にも根拠が証明されているそうです。

 

 

ヒゲも生え変わる?

 

ウチの猫もそうですが、たまに ヒゲが床に抜け落ちていることがあります。

 

え?大事なレーダーなのでは??

 

どうやら体毛と一緒でヒゲも同じように 生え変わる時期 があるようです。

3月頃11月頃に抜けることが多いらしいです。

 

これはヒゲだけでなく、猫の体毛も同じで普段からよく抜けはするのですが

特に3月と11月の季節の変わり目 換毛期猫の毛の生え変わる時期になります。

この時期は大量に抜けるのでマメな掃除が必要になりそうですね。

 

 

まとめ

 

猫はご飯を食べる時美味しいと感じているの?猫の舌の機能と使い方

 

・猫のヒゲは万能レーダー

ヒゲが湿気で重くなるのを猫は嫌がる

・猫が顔をしつこく洗っている場合はヒゲの湿気をとっている

・湿気が多いということは雨雲が近い可能性がある

 

Sponsored Link

 


コメントを残す