猫の花粉症の原因と対策や治療費は?そのくしゃみはカゼなの?

 

 

Sponsored Link

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

 

毎年やってくる 花粉の季節

花粉症の方は 「毎年つらいわ」 と思われていると思います。

 

実は花粉症は人間だけでなく、猫にも存在するんです!

 

 

猫も花粉症になる

 

猫にも花粉症があります!

 

花粉症の人はご存知かと思いますが、

 

「目のかゆみ」

「鼻水だらだら」

「くしゃみ」

 

などが続き、 とてもつらいですよね。

 

その症状がそのまま猫に出てしまいます。

 

 

花粉症の一番の弊害は「集中力の低下」ではないでしょうか?

目をこすって腫れたり鼻をかみすぎて肌があれたり

くしゃみがとまらなかったり

 

これは全て 「集中力の低下」 に繋がります。

仕事や勉強などノッってきた所で邪魔されてしまいます。

 

同じようにそのまま猫にもあてはまります。

 

特に猫は いつも周りを警戒どんな物音にも

敏感に反応する よう普段から集中しています。

 

そんな猫ちゃんが花粉症にでもなれば

物音に気付かず背後をとられて びっくり したり

鼻水が垂れて 嗅覚が使えなかったり

くしゃみで 居場所が把握 されたりと

 

猫としてのステータスが総崩れ・・・

プライド ズタズタです・・・

 

猫ちゃんにとって ものすごいストレスになる ことでしょう。

 

 

猫の花粉症への対策

 

 

人の花粉症は「スギ花粉」が多いと思います。

 

も同様に「スギ」「ひのき」「ブタクサ」などが原因で

発症することが多いようです。

 

 

*ブタクサ

 

特に ブタクサ道端などに普通に生えており

猫ちゃんが移動する丁度いい高さにあるため 影響しやすいです。

 

スギ花粉が多いなら「スギ」を伐採しろ!とよく思いますが

それら全てを伐採するというのは現実的に考えて不可能です。

 

現状、個人レベルでの対策としては

個々で花粉の対策をするしかありません

 

 

外出させない

 

もし家ネコさんであれば、これは問題ありません。

 

いつも家から飛び出しお散歩をしてしまう猫ちゃんは

可能であれば外出を控えさせましょう

 

花粉は目に見えないだけで、ものすごい量が空気中に舞っています。

目や鼻に付着するだけでなく 体毛にまで付着しまいます。

 

家に帰っても体を家具などにマーキングするたび

体毛に付着した花粉が舞い 、猫ちゃんに襲いかかります。

 

当然グルーミングをするだけで 花粉が舞って顔に付着したり

口から体内に取り込んでしまったりといいことありません。

 

外出したがるとは思いますが

花粉の時期だけは自重してもらうことをオススメします。

 

 

家の中に花粉を持ち込まない

 

人は一歩も外出しないわけにもいきません。

お仕事や、学校、お買い物など、どうしても 外出せざるをえません

 

猫の体毛に花粉が付着するように

人の髪の毛肩など服にも たくさん花粉が付着 しています。

 

知らず知らずにそのまま帰宅し部屋の中で着替えようものなら

たちまち花粉が舞ってしまいます。

 

対策としては、玄関に粘着シートのコロコロを用意しておきましょう。

 

 

玄関にて家に入る前に上着やズボンなどコロコロを使って

花粉を取り除く んです。100円SHOPで売っていますよ!

 

100%除去は難しいですがかなりの量を取り除くことができます

 

 

空気清浄機や加湿器を使う

 

部屋の空気を綺麗にする 空気清浄機を使うのはとても有効 です。

もし加湿機能があれば加湿もして下さい。

 

もし加湿器しかなくても十分効果があります。

 

加湿すると空気中に水分が含まれます。

 

花粉やウイルスなどは 湿度が高い

空気中の水分とくっついて重くなり下におちていきます

 

つまり、人が呼吸する位置に花粉やウイルスがいなくなるんです。

 

ただ、猫ちゃんにとっては床の位置にいるため

多少効果はあるとはいえ人よりも 花粉を吸い込みやすいでしょう。

 

やはり一番いいのは空気清浄機を使って花粉自体を取り除くことですね。

 

 

部屋を掃除する

 

 

細かいほこりなども花粉症の人は敏感に感じてしまいます。

もちろん猫も同様です。

 

できるならば こまめに掃除 をしましょう。

猫も人も快適に暮らす空間は必要ですよね。

 

 

動物病院に相談する

 

どうしても症状が気になる場合は

動物病院へ連れていきましょう。

 

ひょっとしたら、 カゼの場合もあります。

 

逆に もっとひどい病気の可能性も あります。

気になるなら病院へつれていくのが間違いないでしょう。

 

 

猫の花粉症治療

 

Sponsored Link

 

今、現在では 「猫が花粉症である」正確に診断することはできません

 

なんらかのアレルギーなどで症状が起きている程度で

明確に検査することができないんです。

 

この先、研究が進めば人間のように血液検査で

アレルギーの有無などできるようになるのかもしれません。

 

 

治す方法は?

 

 

人間の花粉症を治す方法は現在においても 確実な方法はありません

当然、 猫にも絶対に花粉症を治す方法はありません

 

 

ですが、治療法もあるようです。

 

猫の場合は主に ステロイド剤 の薬を使うことで、皮膚の痒み鼻水

鼻づまり発疹という症状緩和をさせます。

 

減感療法 と言って、少しずつアレルギー物質を与え体を慣らしていくという

治療方法もあるのですが、 長期間かかってしまい確実に治る保証もありません

そして猫によっては副作用がでるかもしれないとか。

 

猫に花粉症に対する治療を行うのは現実的ではないのかもしれません。

 

 

そして人と同様に一度花粉症を発症してしまう 治らない

と思った方がいいかもしれません。

 

なので、治すというよりも症状を軽減することを考えた方がいいでしょう。

なによりも、 花粉症を発症させないことも大事 です。

 

 

動物病院での治療費は?

 

 

動物病院でも猫の花粉に対する治療は行ってもらえます。

治療というよりも 症状を緩和する ことがメインとなります。

 

 

初診料 :1000円~2000円

再診料 : 600円~1000円

検査料 :3000円~5000円

 

病院によって治療費は変わってくるとは思いますが

基本的に 保険はきかない ので高くなってしまいます。

 

最初にかかるお金 1万円くらい行ってしまうかもしれません・・・

 

もし、ペット保険などに入られているかたは

対象かどうか一度確認されることをお勧めします。

 

 

ストレスは病気への一歩

 

 

猫はとても ナイーブな動物 です。

 

ちょっとストレスを感じただけで、目ヤニがついたり

下痢になったり、 病気になってしまいやすいです。

 

これは人間も同じですが、普段できていたことが急にできなくなる

ストレスを抱えてしまうもの。

 

 

 

猫も同じなんです

 

 

一度、発症してしまうと現在は 明確な治す手段が存在しません

毎年毎年、花粉と付き合っていくことになってしまいます。

できるならば、花粉症が発症しないよう 気を配ってあげましょう。

 

 

まとめ

 

猫の動物病院は事前に調べるべき?突然の事態に備えて安心して猫と暮らそう!

猫が突然ゲーとゲロ吐いたら病気?定期的に吐いてしまうのはナゼ?

カズの動画

 

人間と同様に 猫にも花粉症があるんですね。

今は大丈夫だとしても、 いつ花粉症を発症するかわかりません

日頃から花粉に触れないような対策をすることが重要かもしれません。

 

猫も花粉症になる

・対策は人間とあまりかわらない

・病院での治療は時間とお金がかかり現実的ではない

 

Sponsored Link

 

 


コメントを残す