猫を初めて飼う時に準備するものは?里親の注意点は?どろ猫日記第1回目

 

 

Sponsored Link

 

 

どろ猫日記第1回目

 

あう~、どうもご主人です。

 

どろ猫日記1回目ということなのですが、

実はプロローグ的なものがあります。

こちらをご覧になった方が話も見えてくると思いますので

もしご興味がおありでしたら 自己紹介 からご覧ください

自己紹介 & プロローグ

 

 

ついにご主人の家に猫ちゃん2匹がやってきます!!

里親が決まってからというものソワソワが止まりませんでした。

仕事が終わって玄関開けたら 2匹顔をそろえて

 

ニャ~~(お帰りなさい)

 

ソファーに2匹と並んで座りTVを見て過ごし、一緒にご飯を食べ

ベットで寝る時は ふとんの中に2匹が

 

 

ニャ~~~(一緒に寝よ)

 

 

 

と潜り込んでくる。そ、そんなにくっついたらちゃんと眠れないじゃないか

 

コラくすぐったい・・・

 

こんな日々が続いたら、 仕事の疲れなんて宇宙の彼方にぶっ飛ぶんじゃないかと

毎日妄想にふけっておりました。

 

ついにネコがウチにやってくる!

 

もう仕事なんて集中できません。

 

あぁ早く帰りたい・・・

 

この日のために 準備するもの があります。

 

猫を迎える準備

 

ゲージ(オリ)

ネコトイレ

ネコのエサ カリカリタイプとウェットタイプ

・爪とぎ用ダンボール

・ネコ用ブラシ

 

など。

 

もちろん準備は万全です。

前日にゲージを組み立てていると、中にハンモックをつけれるのですが

こんな不安定な場所に果たして寝てくれるんだろうかとか、

 

トイレを用意しながら、ちゃんとココにトイレしてくれるんだろうかなど

不安もいっぱいです。

 

でも、

あのかわいい笑顔を妄想しただけでそんな不安なんて簡単に乗り越えられるに違いない。

夢をいっぱい膨らませドキドキしながら帰宅しました。

 

残念ながらネコのお迎え時間がお昼だったため私も立ち会うコトができなかったので

立ち会った奥さんの話によると大きなキャリーバックで2匹は家にやってきました。

 

ボランティアの方、道中2匹を肩にかけてお連れ頂きありがとうございました。

 

そのままゲージの中に2匹は入りひと安心です。

 

 

初めてやってきた猫の特徴

 

Sponsored Link

 

・ネコは見知らぬ場所をきらう

・最初の2週間から1か月くらいはゲージの中で生活させ部屋になれさせる。

・慣れてきたらゲージを解放し少しずつ部屋を解放して時間をかけて行動範囲を広げる

 

いきなりゲージを解放すると、人の手の届かない奥の狭いスキマに入り込んでしまい

出てこなくなっちゃうんだとか。

 

里親の顔を覚えさせる意味でも お互いの顔が見える環境 を作って下さいとのこと。

 

 

猫たちと顔合わせ!

 

私が帰宅してリビングに真っ先に向かうと ゲージの中には2匹のネコちゃんが!!

家の中に夢にまで見たネコがいるなんて・・・幸せ !

 

2匹仲良くビッチリくっついてこちらを見ています。

う~んビッチリ くっついて仲良しさんですね~・・・

 

 

 

ん?ビッチリ?!

 

 

 

ビッチリくっつきすぎです。よく観察すると仲良しだからというよりも

これから 何をされるのか不安と恐怖で体を寄せ合っている ようです。

 

そ、そうだよね・・・こわいよね。ごめんね・・・

 

知らないおじさんが目の前にいて逃げ場がなければそりゃこわいですよね・・・

 

「いじめたりしないよ。」やさしく声をかけつつ指のニオイをかいでもらおうと

ネコの顔に手を近づけたとたん!

 

 

 

「シャ~~~~~ッ!!!」

 

 

 

ああっびっくりした。

 

え?な、なにもしてないよ??

そんなに怒らないでおくれ(泣)

初日早々に威嚇されまくるご主人・・・どうするご主人・・・

 

つづく。

 

ペットは犬と猫どちらが飼いやすい?迷惑かけないのはどっち?どろ猫日記総集編①

 

Sponsored Link

 


コメントを残す