猫をギュッと抱っこしたい!猫の抱っこの方法やコツは?空中に浮くのが嫌い?

 

 

Sponsored Link

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

ネコとコミュニケーションがとれてくると

次はやはり・・・

 

「抱っこ」(だっこ)

 

がしたいですよね!もっと仲良く接したい!その気持ちよくわかります。

 

愛情表現に限らず、外に連れて行くためにキャリングケースに入れる時

災害などで避難する時など、抱っこができれば一緒にスムーズに家から出ることも可能です。

 

逆に抱っこができないと、あってはいけないことですが

最悪の場合ネコが取り残されてしまうこともありえます。

 

 

ネコは抱っこはあまり好きではない

 

 

いきなり否定的に始まってしまいましたが、事実、ネコは抱っこを嫌がる傾向にあります。

もちろん、子ネコの時から人と一緒にいて抱っこに全く抵抗のないネコもいます。

 

しかし大抵のネコは警戒心が強く、体を拘束されたり、空中に浮くことは何か起きた場合

すぐ逃げたり移動することができないため抱っこを嫌がるのです。

抱っこをしようとして嫌がられたりした場合はムリに抱っこしようとしてはいけません

 

信頼関係がズタズタになってしまいます。

 

 

ネコの抱っこは「NO!」サインとは

 

 

・抱っこをしようとすると前足を突っ張る

・そもそも持ち上げようとすると逃げる

・抱っこしてもすぐ降りようとする

・抱っこはしたが爪をたてカチコチに緊張している

 

基本的には抱っこが嫌いな時点で抱っこをすることすらできません

つかんで上に持ち上げようとした時点ですぐ逃げてしまうでしょう。

 

抱っこできたとしても、すぐ降りたがってしまったり、体に力が入り緊張し続けたりなど

ネコにとってはただのストレスになってしまうことも。

 

抱っこができないとしても、

ちゃんと撫でることができているならば信頼関係がちゃんとある証拠です。

少しずつ慣れさせて最終的に抱っこにすることもできるかもしれません。

 

また抱っこが好きなネコだとしても、どういう状態で抱っこしてあげるのが好きなのか

ネコによって様々です。

 

今は抱っこして欲しくないニャ!

 

Sponsored Link

 

・食事中

・グルーミング中(毛づくろい)

・睡眠中

・遊んでいるとき

 

こういう時は抱っこ好きのネコでも嫌がることがあります。気を付けましょう。

 

 

いろいろな抱っこパターン

 

 

ネコによってはいろいろな状態での抱っこに好き嫌いがあります。

あなたのネコが最も好きな抱っこを見つけるのも楽しいですね!

 

人がお腹の前に赤ちゃんを抱えるようにネコのお腹を上にして抱っこする「仰向け抱っこ」

人の肩に上半身を乗せるように抱っこする「肩のせ抱っこ」

イスに座った状態で膝の上にのせる「膝のせ抱っこ」

ネコと抱き合うように抱っこする「愛し合ってる系抱っこ」

 

など、まだまだいろいろあると思います。いろいろな姿勢がありますが、

ネコのお尻をしっかりと手で支えてあげる のが抱っこするポイントです。

 

抱っこが嫌いなネコでも10年後に抱っこできるようになったりすることもあります。

少しずつ慣れてもらうしかないですが、 あきらめないことが肝心 です。

 

 

まとめ

 

・ネコは抱っこが嫌い

・ネコが嫌がるならムリに抱っこしない

・抱っこできなくても信頼関係がないわけではない

・抱っこ好きなネコでも姿勢に好き嫌いがある

・抱っこさせてくれなくてもあきらめずゆっくりと慣れさせていけばいい

 

Sponsored Link

 


コメントを残す