猫が安心して暮らせる環境とは?部屋の中には危険がいっぱい?

 

 

Sponsored Link

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

ネコはいろいろな所へ出歩きます。毎日パトロールで大忙し!

興味を持っていろいろなものを触ったりします。

 

人が生活している空間でもネコにとっては危険なものもたくさんあります。

 

 

電気のコンセントやコードに気を付けよう。

 

 

よくあるのが、コンセントがちゃんとはまっておらず

ネコがそこに触れてしまい 感電 します。

 

コンセントはちゃんと奥まではめ込むこと。

 

電気コードなどもちゃんとしておかないとネコが走り回る時に

足に引っかかってしまい危険です。

 

 

灰皿や薬などネコが口にしたら危ないものはしまう

 

ネコもニオイなどで危険なものと感じてくれるとは思いますが、

何があるかわりません。あやまって口に入ったりでもしたら大変危険です。

 

灰皿をひっくり返すかもしれませんし。 タバコに火がついていたら火事 になりかねません。

 

薬やかじると危険な観葉植物の花などネコがいる空間にはできるだけおかない方が賢明です。

 

 

ハサミとかカッター、小物など出しっぱなしにしない

 

ネコが興味を持って前足でカッターの刃を触るかもしれません。

肉球が切れたらとっても痛そう・・・ハサミも同様です。

 

文房具の小さいものも ネコが口に入れる可能性があります。

 

ホチキスの芯や画鋲など棚の中にしまうのもありですが、ネコが棚をあける可能性もあるので

できるならネコがいる空間に置くべきではありません。

 

 

キッチンには入れさせない

 

Sponsored Link

 

なかなか難しいとは思うのですが、キッチンには危険がいっぱい。

ガスコンロで火傷したり、シンクの中の汚れたら水を飲んでしまったり。

ネコは平気で得意のジャンプでキッチン台に飛び乗ったりします。

 

火を使ったばかりの コンロに触れれば大やけど ・・・

シンクの中に使った 包丁 があればそれに 触れる かもしれません。

 

あやまってガスコンロを点火しそこねてガスだけ漏れ続ければ ガス爆発 なんてこともありえます。

 

一番なのはキッチンに入れないことですが、なかなか難しいとも思います。

なのでやはり危ないものは使ったら極力洗ってすぐしまうのがいいと思います。

ガス栓もしめておけばガス漏れの心配もありませんよね。

 

 

ベランダをあけっぱなしにしない。

 

 

家ネコはあまり外に出たがりませんが、外の世界を知っているネコは平気で出ていくと思います。

もちろんネコの自由だとは思いますが怖いのは隣の家などで悪さをして帰ってくることだと思います。

 

大事な置物を壊された、家の壁で爪とぎされたなど、 弁償問題が怖い ですよね。

 

マンション住まいの方も気を付けましょう。ネコが ベランダから落ちて死んでしまう とかも

実はよくあるんです。ネコは高い所から落ちてもクルっと回転して着地できるとよくいいます。

言いますが限度があり、高さが低すぎてももダメですし、高すぎてもダメなんです。

 

飛び降り自殺と一緒なので、そもそもベランダを開けっ放しにしないこと。

 

 

バスルームの風呂おけはフタをする

 

 

ネコによっては近づかないのもいますが、子ネコの頃から風呂を経験していれば

風呂が大好きなネコもいます。

 

なのでバスルームに抵抗がないネコが風呂おけに水がたまっていることをしらず

風呂おけに落ちてしまい溺死 ということもよくあるそうです。

 

気づいたら 風呂に浮いていたなんてかわいそうすぎます・・・

 

まだまだ危険はたくさんあるとは思いますが、特に危険なものをピックアップしました。

 

 

まとめ

 

猫の飼い主への愛情表現の仕草や仕方は?いろいろな種類があるの?

 

・電気コンセントやコードに注意

・ネコが触ったり口にしたら危険なものを置かない

・キッチンにいれない

・ベランダを開けっ放しにしない。

・バスルームの風呂はフタをする

 

Sponsored Link

 


コメントを残す