猫は玄関チャイムに敏感に反応する?臆病な性格だと緊急避難?どろ猫日記第7回目

 

 

Sponsored Link

 

 

どろ猫日記第7回目

 

あう~、どうもご主人です。

 

最近、 またネコ達と触れ合うこと ができるようになりました。

 

2匹とも かなり警戒心が強い性格らしく近くに座ることすらできない

状況で、それでもニオイを嗅いでもらって撫でることはできるので

今はそれだけで満足している状態です。

 

今日は仕事も休みでネコ達との触れ合う時間を大切にしようと

早起きして準備万端でリビングに行くとネコ達は日向ぼっこ中

 

前回、日向ぼっこの時に触ろうとしてひっかかれました。

 

多分、日向ぼっこ中は 神聖な儀式 か何かなんでしょう。

邪魔をすると怒られるみたいです。

すいません。そちらの業界にはまだ慣れていないものでして・・・

 

面白いのが、30分から1時間くらいで、日向ぼっこの順番でもあるのでしょうか

特等席を2匹で交換しあってるんです。

 

「もういいでしょ!次は僕の番だよ。」

「はいはい。どうぞ」

 

みたいな感じでしょうか。

 

しかしどちらかと言えば、キヨちゃんの方が日向ぼっこは長いです。

お姉さんだからなのでしょうか。

 

カズはどちらかというとソファーの上に毛布がひいてあるのですが

その下にもぐりこんで暖をとっていることが多いです。

 

とにかく日向ぼっこが終わらなければキヨちゃんに触ることもできません。

 

しばらくカズを撫でて待っていると・・・

 

「ピンポーン」

 

ん?

 

「ピンポーン」

 

どうやら何か郵便でも届いたようです。

 

玄関に行き、荷物を受け取りサインをしました。

そのままリビングに戻ってみると・・・

 

 

 

あれ??ネコ達がいない???

 

 

 

確かにピンポンが来て玄関に向かう時に後ろで

ズザザザザッと移動する音 が聞こえてはいましたが

ネコ達がじゃれあっているのかくらいにしか思ってませんでした。

 

 

知らない人が家にくると・・・

ネコはいつも同じ状況、環境 大好き です。

いつもと違うことが起きるととにかく警戒します。

 

・郵便

・配達

・勧誘

 

など 知らない人が来るとびっくりする んです。

 

犬はよく番犬として吠えたりするといますが、

ネコでは 番ネコにはならないということですね。

もし泥棒が家に入ってもネコは隠れるだけで何もしてくれません(悲)

 

 

ウチの猫たちは臆病な性格なんです。

 

Sponsored Link

 

ネコ達はピンポンが鳴ると見知らぬ奴が来るということを

わかっているらしくどこかへ隠れてしまったようです・・・

 

 

一体どこへ・・・

 

 

テーブルの下・・・にはいません。

テレビの裏・・・にもいません。

 

ソファーの下・・・にカズがいました!

こちらを凝視しております。何もしないよ。

 

 

さて、キヨちゃんは・・・

 

 

もはや子供に付き合わされている かくれんぼ状態 です。

もちろんオニはわたくしめでございます。

 

 

・・・どうやらリビングにはいないようです。

キッチンに行くと下の収納ドアがあいてます。

 

ま、まさかこの中???

 

にもいませんでした。

しかし、どうやら定期的にこの中に入っているようです。

し、知らなかった・・・だって私はドアをあけていない・・・

 

 

―ネコは緊急隠れ場所を持っている―

 

ネコは何かが起きると 隠れ場所へ避難 します。

暗くて狭い場所が多いです。

 

ネコはいつ襲われるかわからない環境の生き物らしく

誰にも見つからないような暗くて狭い場所

非常に落ち着くみたいです。

 

 

ネコが他に移動できる場所といったら・・・

洗面所?

 

洗面所に行くとまた収納ドアがあいています

まさかこんなとこにいないでしょ??

 

 

 

覗き込むとキヨちゃんがいたっ!!

 

 

 

バッチリ目があって

 

 

 

「シャ~~~~~ッ!」

 

 

 

と威嚇されました。

 

ご、ごめんよ。もう郵便屋さんは帰ったから。

もう大丈夫だよ・・・

おいで・・・

 

もちろん近くにも座らせてもらえないのに

呼んでも来るわけがありません。

 

せっかくのチャンスの休日でしたが、

今日はネコと触れ合うのを我慢します・・・

あんまり しつこいとまた嫌われちゃうしね・・・

 

つづく

 

ペットは犬と猫どちらが飼いやすい?迷惑かけないのはどっち?どろ猫日記総集編①

 

Sponsored Link

 


コメントを残す