猫が快適な冷房クーラーの温度は?真夏のお留守番注意点6つ

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

 

毎年やってくる季節「夏」

 

猫を飼っている皆様にとっては

いろいろと悩ましい季節ですよね!

 

冬の場合

猫が寒いと感じると布団や毛布に潜り込んだり

2匹以上いる場合はみんなでくっついて暖をとります

 

夏の場合

室内だとどうしても温度が上がってしまい

猫は体温を上手に下げることができず

逃げ場が無くなってしまいます・・・

 

今回はそんな時の注意点などご紹介します。

事故が起こってからでは遅いですよ!

 

Sponsored Link

 

猫は夏と冬どちらが苦手なの?

 

 

童謡で

 

ゆ~き~やこんこん

あられやこんこん

・・・

犬は喜び庭かけまわり~

猫はこたつで丸くなる

 

ってありますよね。

 

けっこう猫は冬に弱いというイメージが

強いようです。

 

 

 

正解です!

 

 

 

猫の祖先は砂漠など広がる

熱い地域に生息していました。

 

その関係もあり猫は寒さに弱いです。

 

 

ですが!

 

 

実は暑さにも弱いんですよ!

 

 

猫は温度変化に弱い

 

 

人間は夏など体温が上がると

身体からがでますよね。

 

汗を毛嫌いする方もいますが

汗を出すことで体温の熱を気化させて

体温を下げているんですね。

 

ですが猫の場合は

汗を出す汗腺が肉球にしかありません。

 

つまり暑くても体温を簡単に下げることが

難しいのです。

 

もちろん地域によって差があると思いますが

日本では冬よりは湿気の多い夏の方が

猫は大変な思いをしてる可能性が高いですね。

 

 

猫が快適な冷房クーラーの温度は?

 

 

私たちが涼しいと感じる夏の気温は25度前後でしょうか。

だいたい25度~28度の温度を目安にしています。

 

しかし猫はどうやら違うようですよ!

 

にとっての夏の快適な温度

26度~30度なんです。

 

夏で暑いからと言ってガンガンにクーラーをかけて

涼しいと思っていても、同じ室内にいる猫は

実は寒いと思っているんです。

 

先ほどもありましたが

猫は急激な温度変化に弱いです。

 

温度が急激に下がった場合

風邪を引いてしまう場合もありますので

ご注意下さい。

 

Sponsored Link

 

猫の真夏のお留守番での注意点6つ

 

 

どうしてもお仕事用事

家を空けなければならない時があります。

 

そんな時は猫にお留守番をしてもらいますが

真夏のお留守番での注意点を6つ

ご紹介いたします。

 

真夏でも冷房温度は少し高めに

 

 

先ほどもありましたが猫の快適温度26度~30度

じゃあ26度でもいいかと言えばそうでもありません。

 

お風呂もそうなのですが、冷たい部分は下へ下がり

温かい部分は上に上がるんです。

 

空気も同じで冷たい空気は下へ溜まり

温かい空気は上に登るため

人で言う足元にいる猫冷たい空気にさらされます

 

設定温度が26度だったとしても、

猫のいる足元の空気はそれより1~2度低い温度

なっている可能性も。

 

ですからお留守番の際は

28度くらいの設定で十分といえます。

 

 

熱中症を回避する為の水分補給

 

 

真夏は当然暑いです。クーラーをつければ涼しいですが

湿度も下がりのどが渇くもの。

 

猫も同じでクーラーの下にいればのどが渇きます。

 

そのまま水分補給しなければ

熱中症で事故がおきた事例もあるくらいです。

 

できるなら1か所ではなく、2~3か所

コップや器に水を入れて配置してあげましょう。

 

 

風通しをよくして温度調節

 

 

冷房を使いすぎずに温度を高めに設定して

扇風機を一緒に使いましょう♪

 

という話を聞きますよね。

電気代もその方が安いですし。

 

あれは上下に分かれてしまった

冷たい空気温かい空気混ぜる

という意味なんです。

 

下の冷たい空気ばかり溜まってしまうと

猫にとっては寒すぎる環境になるので

扇風機などを使って滞留している空気を混ぜて

温度調節をしましょう。

 

 

夏対策用の冷たいグッズ

 

もし、クーラーが壊れたり、使わない時などは

猫が自分で体温を下げれる工夫をしてあげましょう。

 

猫用の夏用グッズもいろいろ販売されています。

 

 

実は猫はハンモックが大好き!

遊び場にも使えるし

通気性がよく、熱がこもらないベット!

遊び場と寝床兼用 取り付け簡単 通気性抜群 猫用 猫 夏対策 キャットハンモック 春夏に (L, ブルー)

 

 

部屋の扉を開けて移動範囲を広げる

 

 

猫は自分が快適に過ごせる場所

探し出すプロなんです。

 

玄関やお風呂場など

タイルでひんやりしている場所や

 

薄暗くて涼しい地下室など

 

暑い場合は自ら涼しい場所を見つけて

快適に過ごします。

 

部屋を閉め切ってしまうと

どこにも移動できません。

 

お留守番の時は扉を開けて

移動できるスキマを作ってあげましょう。

 

 

ウェットフードを放置しない

 

 

ウェットフードは水をあまり飲まない猫にとっては

大事な水分補給源です。

 

少しずつ食事する猫の場合は

ウェットフードを残してしまうことも。

 

夏場は温度が高いため、

ウェットフードを放置しておくと

知らずに傷んでしまい

猫がお腹を壊す原因にもなります。

 

残った、もしくはお留守番してもらう時は

冷蔵庫にしまいましょうね。

 

Sponsored Link

 

まとめ

 

ネコの気持ちが分かるアプリ?人の言葉を猫語に翻訳できる?

猫のイタズラや悪さして怒っても効果なし?悪さをやめさせる方法は?

 

いかがでしたでしょうか。

 

毎年気を遣う季節ですよね。

ですが、お留守番をさせて帰ってきたら事故が起きていた!

なんてことも毎年耳にします。

大事な家族ですからお留守番をお願いする時は

十分に注意しましょう。

 

・猫の快適な冷房温度は28℃前後

・猫は急激な温度変化に弱い

・猫用の夏対策グッズもたくさんある

 


コメントを残す