猫のブラッシングのかけ方と効果は?健康に良く病気予防にもなる?

 

 

Sponsored Link

 

 

あう~どうもご主人です。

 

猫毛ってすぐ抜けませんか?

 

方っておけば、 部屋中が猫毛だらけ に・・・

掃除も大変だけど、

そもそも猫毛を散らかさない方法はないものでしょうか?

 

 

ブラッシングしてますか?

 

猫用のブラシで ブラッシングをしてあげましょう

 

短い毛の猫でも週に1~2回はやってあげるべきです。

長い毛の猫ならば毎日してあげたいですよね。

 

猫によっては 最初はブラッシングを嫌がる子もいます。

ブラッシングが怖いというよりも 人に対してまだ警戒心が強いのでしょう。

何でもそうですが、慣れが必要ですよね。

 

少しずつでも良いのでブラッシングをしてあげて

危険はないことを 知ってもらいましょう。

 

 

猫の健康に良い

 

ブラッシングをすることで 抜けそうな毛を取り除く ことができます。

猫が自分でグルーミングを始めると、どうしても抜けた毛が

猫の口の中に入ってしまうんです。それ自体はもはや宿命ともいえます。

 

ある程度のお腹にたまった毛はフンと出る時もありますし

猫が吐き出す場合もあります。

よくゲーをするのは胃の中にたまった毛を吐き出しているのです。

 

しかし、お腹の中に毛をためすぎてしまう場合もあり

毛球症という病気 になってしまう時もあります。

 

ブラッシングをすることでそれらを予防することができるんですね。

 

 

マッサージ効果もあり

 

猫へのブラッシングは毛並みを美しくするのと同時に

マッサージ効果も あるんです。さらには皮膚の病気や

ストレスからくる脱毛症などの早期発見にも繋がりますよね。

 

慣れてくると猫もブラッシングが大好きになります。

ゴロゴロとノドを鳴らしながらリラックスする猫もいます。

 

中には自分からブラッシングを催促してくる猫もいます。

 

猫があなたを視界に入れた状態でお座りをしているような姿勢

見つめている時というのは基本的に 何かをして欲しいアピール です。

遊んで欲しい時やブラッシングをして欲しい時などいろいろあります。

 

 

ブラシにもいろいろある

 

猫用のブラシといっても 固いブラシ柔らかいブラシなど

実はいろいろあります。

 

何がいいのか正直猫によって違うのでよくわかりません・・・

ただ、ご主人も使っているのはブラシの先が柔らかいプニプニしたものを

使ってます。ウチの猫は毛が短いので、毛並みのためというよりは

マッサージ効果が高そう で、 猫が嫌がらなさそうなもの を選びました。

 

もちろん、最初は嫌がられました・・・ご主人が怖いのもあったのかと。

しかし、今ではブラッシングをするととっても気持ちい顔をしてくれます。

目を細めて「う~気持ちいいぃ~」と言っているかのようです。

 

ですがブラッシングをする部位はちょっと注意も必要です。

 

 

ブラッシングの仕方

 

Sponsored Link

 

なでるのと一緒で猫は やって欲しい所 やって欲しくない所があります。

真ん中から上の部位は猫も喜んでブラッシングさせてくれます。

 

しかし、真ん中から下はその時の気分によっては嫌がります

引っかかれたり猫パンチをお見舞いされる時もあります。

 

 

ブラシをかける流れ

 

ブラッシングの基本ですが、 頭から尻尾の方へと流れるように

ブラシをかけてあげましょう。

 

まずは背中から 始めましょう。

頭から流れるようにブラッシングします。

 

猫が気持ちよくなってくると、自然とお腹もやって!と

仰向けのような状態になってくれます。

もし仰向けになっていないのにお腹をブラッシングすると

嫌がって引っかかれるかもしれません。

 

お腹を出してきたら、背中から足の方へ、 上から下へなぞるように

ブラシをかけてあげて下さい。

ただし、あまり強くやってはいけません。

お腹はやさしくやってあげましょう。

 

下手に強くすると、せっかくの信頼関係も壊れかねませんよ。

 

 

まとめ

 

猫のブラッシングは

 

・抜け毛をとる

・マッサージ効果

・毛並みにツヤがでる

・血行がよくなり健康に

・猫とのコミュニケーション

 

たかがブラッシングと思っていても

これだけの効果があるんですね。

一石二鳥ならぬ 一石五鳥 ではありませんか。

 

Sponsored Link

 


コメントを残す