猫にアロマは危険って本当?知らない人が多い注意点とは?

 

 

あう~、どうもご主人です。

 

日々の疲れストレスを癒してくれる猫。

猫と一緒にいることで多くの方が

癒されていることと思います。

 

同時にアロマオイルなど香りを用いて

日々の疲れやストレスを癒す人もいらっしゃいます。

 

いいですよねアロマオイル♪

 

ですが、もしアロマを使った癒しを好まれる方

猫を飼っていた場合

 

ちょっと待った!

 

猫に危険なことをご存知ですか?

 

Sponsored Link

 

猫にアロマオイルは毒って本当?

 

 

人にとってアロマセラピーというのは

空間を香りで満たしリラックス効果

得ることができます。

 

アロマセラピーにはかかせない

アロマオイル。

 

ですがアロマオイルを舐めてしまい

死亡してしまうケースや

 

アロマセラピーが好きな人の家猫

肝臓に支障をきたしてしまったケースなど

実際に起こっているんです。

 

 

猫にアロマが危険な理由は体質

 

アロマが猫に作用するのは人と同じく

匂いを嗅いで脳が刺激を感じ

肺や皮膚から体内の血管を通じて

体中をめぐるからです。

 

なぜ人には良くて猫には悪いのでしょうか?

 

猫は完全肉食動物!植物は食べられない

 

 

ご存知と通り、猫は肉食動物です。

 

植物を食べるという行為がありません。

なので植物を体内消化吸収分解

する機能がほとんど無いんです。

 

なので猫の体内に入った場合

代謝がされずに体の中に残されたままになり

中毒を起こしてしまうことがあるんですね。

 

*猫草を食べるのは胃の中を刺激して吐くために食べます

 

猫はモノテルペン炭化水素類が苦手

モノテルペン炭化水素類とは

アロマで使われる精油の成分です。

 

人間には全くもって無害なのですが

猫は敏感に反応します。

特にかんきつ系のアロマには過剰に反応します。

 

オレンジ、レモン、ベルガモット、

グレープフルーツ

 

のアロマオイルなどが危険です。

 

 

猫はフェノール、ケトン類も苦手

 

 

人間にとってもフェノール類やケトン類の使い過ぎは

気を付けなければなりませんが、

 

猫にはもっと気をつけないといけません!

 

アロマオイルでいうと

フェノール類…シナモンやグローブ、オレガノやバジル、タイムなど

ケトン類…セージやスペアミント、カンファーやヒソップ、キャラウェイなど

 

猫の皮膚は人よりもうすい!

 

 

猫の皮膚は人間と同じ3つの構造で出来ています。

 

表皮

・真皮

・皮下組織

 

 

菌や異物から守ってくれる役割が

表皮なのですが

 

猫は人の半分以下しか無いんです。

ほんの少しでも人より多く体内に取り込んでしまいます

 

 

猫がアロマオイルを舐めるわけがない?

 

 

猫にとって一番危険なのは、

アロマオイルそのものを舐めてしまうことです。

 

ですが普通に考えて、

アロマオイルを猫が舐める状況って・・・?

 

思っちゃいますよね。

 

 

飼い主を舐める

 

 

もちろん、飲み水にアロマオイルが混ざった!

という可能性もゼロではないですが

 

猫がアロマオイルを舐める状況というのは

飼い主さんがリラクゼーションの為に

手や足などの皮膚にオイルを塗り

 

それを猫が知らずに

舐めてしまうパターンが多いんです。

 

 

グルーミングと一緒に舐める

 

 

猫はグルーミング(毛づくろい)を必ず行います。

 

体中を舐めて綺麗にしているのですが

 

・何かの拍子にオイルが猫の毛についてしまう

・匂い成分が毛に付着し舐めてしまう

アロマオイルが付着した手で飼い主が猫をなでる

 

などで知らずに猫が

体内に舐めて取り込んでしまうことがあるんですよ!

 

Sponsored Link

 

猫を飼ったらアロマは使えないの?!

 

 

アロマが好きな人にとって

猫がいたら使えないというのは

ショックが大きいですよね・・・

 

せめて、何か猫にも安全なアロマは?

 

基本的にはやはり

猫がいる場合はアロマを使うことは

控えた方がよさそうです・・・

 

 

ですが、工夫次第では使うことが可能なことも。

 

 

アロマをどうしても使いたい場合

 

 

基本的には使うべきではありませんが

猫に配慮しつつ使う方法もあります。

 

ただし猫に口に入る危険性を考え

直接肌につけるのではなく

香りを部屋に漂わせるタイプにするべきです。

 

 

 

違う部屋でアロマを楽しむ

 

 

何が原因で猫の具合が悪くなるのかわかりません。

 

アロマを使う専用の部屋を用意できるならば

そこでアロマを楽しんでください。

 

もしくは、猫たちには違う部屋に移動してもらい

アロマを楽しむ。

 

両方ともアロマを楽しんだあとは

必ず換気をしましょう!

 

換気がしにくい部屋は

アロマを使うべきではありません。

 

 

少しだけ使ってみて様子を見る

 

 

せっかく購入したものだから

使わないのはもったいない!

 

そんな方は、ごく少量を使ってみて

猫の反応を見てみるのも一つの方法です。

 

いろいろな猫がおり、

人間のアレルギーのように

特定のものが苦手な猫もいるようです。

 

もし猫の具合が悪くなるようでしたら

すぐに使用を中止しましょう。

 

場合によっては動物病院に連れて行きましょう

 

 

エッセンシャルオイルは使わない

 

エッセンシャルオイル

成分が凝縮されており猫には危険です。

 

フローラルウォーターってご存知ですか?

エッセンシャルオイルが作られる時に

分離して下に落ちる水分「蒸留水」で作られています。

 

アロマとしての効果は薄くなってしまうのですが

猫にとって有害な成分がとても少ないので

危険度がぐっと下がりますよ!

 

 

 

ディフェーザー(加湿タイプ)を使う

 

 

やはり肌などに直接つけるのではなく

ディフェーザーなどを使って

加湿器の機能を持ち、

部屋を香りで満たすものトラブル回避に繋がります。

 

エッセンシャルオイルを

入れてそのまま使うものもありますが

それは猫のことを考えると使用は避けた方が良いです。

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

 

猫がなつく好きな匂いで仲良しになりたい!危険なにおいや植物は?

猫の病気病名の死因第一位は慢性腎不全?原因や予防法は?

 

いかがでしたでしょうか。

 

アロマオイル猫に危険というのは

意外と知らない人も多いです。

 

基本的には猫が家にいる場合は使用は避けましょう

どうしても使いたい場合は猫に配慮してあげましょう。

 

・猫にとってアロマは毒といっても過言ではない

・猫は肉食なため植物を体内で分解できない

・実際にアロマが原因で猫が死亡した実例もある

 


コメントを残す